「その他の事例」 一覧

その他の事例

2013/2/15

ふやせ収納!

およそ40年前に建てられた住宅です。この頃の和風建築は、必ずと云って良いほど床の間が有りました。床の間の隣に収納、飾り棚・・・等々。 リフォーム前 生活様式と家族数の変化で物が増え、押し入れを作る事にしました。 解体後は、押し入れの壁板を貼るために材木で縦横の調整です。大工さんが入念に工事です。 リフォーム中 収納内部の板も真っ直ぐシッカリした壁になり棚の完成です。 リフォーム後 現在のふすま枠が黒塗りにしてあり、新しい建具と合わせるため少し時間がかかってしまいましたが、無事、完成です! リフォーム後

その他の事例

2013/2/1

サンル-ム

サンル-ムを付けて、収納+洗濯物干し場+リラックスコーナー等々。多目的に利用したいとの要望です。ご希望のスペ-スがあり和室の横に設置することに。 リフォーム前 エアコン室外機、といを移動させれば< <アッ>>と云う間に完成です。横幅120cm、長さ 4m とゆったりとした広さが確保できました。屋根は、UVカット仕様になっています。 リフォーム完成 ステップ(ドア)を取り付け、和室からサンル-ムを通り抜ければ、建物裏側のテラスに通じるようにもしました。ル-ム内にお手持ちのあかりを取り ...

その他の事例

2013/2/1

目隠しテラス

自宅勝手口の外側に履き物“ツッカケ”“スリッパ”が置いておけな~い!勝手口あるあるですね!(笑) 南部町N様も、以前から悩みの種だったということで、明るく、風通しのいい目隠しテラスをご提案しました。 リフォーム前 骨組み組み立て中 屋根に壁、そして窓が付き1年を通じてスリッパも置けるようになりました! リフォーム後 目隠しになり、風も通り、屋根はポリカーボネイトで薄い青色のため家の中にも明かりが差し込みます。紫外線(UVカット)が少なく屋根の下に置いた物の日焼け予防にもなります。勝手口通風窓も浴室通風用窓 ...

その他の事例

2013/2/1

シャッタ-からアルミの引き戸に取り替え

「以前から使用しているシャッタ-にサビがあり開閉がしづらくなったので直したい」とのご連絡です。このシャッタ-は、40年前の倉庫新築時に取り付けされました。その後、塗装修理で長く使用しておられたのですが、サビがキツク開ける事もままならなくなったそうで、今回、シャッタ-からアルミの引き戸に取り替えです。 リフォーム前 シャッタ-の撤去後 リフォーム中 4枚の引き戸に変えて、キレイスッキリ! リフォーム後 4枚のアルミ戸に何本のレールにするかで金額や使い勝手が変わってきます。 1)アルミの戸を4枚設置し、4本の ...

その他の事例

2013/2/1

皆生温泉のお店改装

皆生温泉にある高橋商店さん。当社社員 山田の同級生です。この度、店舗内を改装し、外壁にひさしを付けて“チョット”和風気分の店へ改装です! 改装前 床を3人がかりで “ハツリ” 作業(中はホコリ状態)。 壁から床のはがし工事 皆生温泉の地域に愛される店にと、オーナーさんも職人さんも一緒になって作ります。床、壁張り替え後にオーナーさんのご希望で、天井も塗装します。壁に塗料が付かないように、保護をして。 改装中 天井再利用で、ペンキぬり。窓を閉め切り、冷房もナシ 職人さんも汗ダクダクです。 改装中 店舗の玄関ひ ...

その他の事例

2013/1/31

ピアノ置き場の床

築40年の洋室にピアノを置くことにしましたが、何と床が”ふかふか“します。しばらく納戸として使っており、あまり出入りもしておりません。床下の空気は通っていますが、普段は殆ど中に入らない状態。床板に段差がついています。 今の様子を調べ、どうしたら安く、また長持ちさせられるか念入りに調査開始。当時の床は、根太と呼ばれる角材の上に1枚の床板が貼ってあるだけです。今では、とても考えられません。 調査中 ピアノ置き場の床を剥がしました。職人さん2人が一気に剥いだ跡です。大きな材木が2本残りました。残した材木の上に、 ...

その他の事例

2013/1/31

カッコいい自転車置き場

自転車を欲しがるお孫さんのために、カッコいい自転車置き場を造りました。 アルミの足を建てる位置に印を入れ、カッターで正方形にコンクリートを切ります。そして、ハツリ機でコンクリート粉砕。 40cm~50cmの深さまで掘り下げます。(職人さんの腰の負担は大きい!) 2本の足を建てるのに、垂直、直角、平行・・・といろいろ考え、足元をコンクリートで固めます。 サイクルホートの屋根の屋根部分を組み立てます。(職人さんの腕の見せどころ!!!) (任しとけ・・・) サイドパネルも本体と同様に設置します。 屋根は熱線遮断 ...

建築カーボン その他の事例

2010/8/20

床下湿気対策 事例

約50年前に建築された住宅の床下は? ご存知の人も多いと思いますが、土の上に石が置かれ、その上に束と呼ばれる丸(又は、角)の材木が真っすぐ立てられ床が出来ています。   この住宅は、西部地震を経験しているにも拘わらず、束の位置が安定しています。昔の住宅は、床下の高さは高く、風の通りもまずまず。そのため床下の材木の状態はしっかりしています。 築17年の床下湿気対策は、床下換気口があるにも拘わらず部屋を仕切るための基礎が、空気の通り道をふさぎぎみで起きたカビのようです。赤丸は、浴室横、水屋の床下のカビです。 ...

その他の事例

2009/2/18

広縁が欲しい

お客様が多いので応接間が欲しいんですが・・でも和風建築なので、縁側を広くすることが出来るのでしょうか? リフォーム前 正面奥の壁部分に注目してください。現在半間の広さを奥行き1間に広げました。縁側中央には屋根を支える柱があります。屋根は石州瓦です、重さを考慮しての改装です。 リフォーム前 縁側のあちらこちらにはシロアリの被害が見受けられました。フローリングが汚れたのでカーペットが敷き詰めてあり、被害に気付くのが遅れたようです。   大切な柱を撤去したあとには、背丈30cmの鉄骨で補強し、屋根の重みを支える ...

その他の事例

2009/2/18

雪ずりのしない屋根材「コロナ」

2008年この冬一番の雪に見舞われた鳥取県米子市。積雪わずか20cmでしたが・・・。 A様の建物は急勾配 屋根の角度は水平が1mで80cmもの高さになります、とても屋根の上には立っていることは出来ません。普通の屋根は1mで30?40cmですから倍の高さです。例えば襖3枚の水平長さが天井の高さの角度になります。 ’06年秋、数年ごとに塗り替えが必要なコロニアル系の屋根材の上に『コロナ』の屋根材を貼りました。30年保証の屋根材です。メーカーでは1mの積雪でも心配ないと言ってます。 角度が分かるでしょうか?普通 ...

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.