中古住宅リフォーム

投稿日:2011/02/17 更新日:

私たち「床の間」は必要ないんですよ!
「ええっ!」
驚いたのは相談を受けた私たちです。
それもそのはず、20代後半の若いご夫婦と若い「おばあちゃん」と言えば失礼ですが、2世帯住宅にして欲しいとのご希望でした。

工事前の図面です。
緑色で囲んだ8畳の床の間の、床の間を撤去して6畳個室(和室)に改装します。
緑の8畳が6畳に変わることで、青色で囲んだ下の部分の6畳間を、今度は8畳に大きくします??

床の間が無くなったのが分かりますよね!下の6畳が、8畳に大きくなりました。
若いおばあちゃんの6畳間と、8畳間の境目にクローゼットを配置することでプライバシーが確保されます。

書院だった場所はクローゼットにします。女性の部屋にクローゼットは必需品ですよね!このクローゼットは図面の下部にあるリビングのクローゼットを再利用しました。

リフォーム後

リフォーム後

床の間はすべて壁になっているので開口部が必要です。赤枠で囲んである部分を貫通させます。上のクローゼット写真に窓が見えます。

リフォーム前

リフォーム前

間仕切りの襖が、矢印の位置に、敷居も鴨居も移動させます。「そんなこと出来るの?」と不思議そうでした。

リフォーム前

リフォーム前

階段下の押し入れスペースは、ご主人のパソコン類が並びます。パソコンの周辺機器は、たくさんの電源が必要です。カウンターの上にたくさん配置しました。もちろん専用回線を使っています。PC作業中にダウンしたら大変ですから・・・ネ!

リフォーム後

リフォーム後

リフォーム後

リフォーム後

中古住宅+リフォーム

このたびは・・・不動産屋さんからリフォーム済みの中古住宅を購入されました。
シロアリ駆除の保証書も付いていましたが、なんと、床の間を解体したらぞろぞろとシロアリの行列が出てきました。全体に駆除がしてなかったのです。インチキですね!(赤ちゃんがいるのでこれ以上害になる薬品は使いたくない!と)

リフォーム済みの中古住宅を購入されることは、随分と無駄があるような気がしますし、どのような施工方法だったのか疑問も残ります。

中古を購入の際は、リフォーム済みでない物件をお求め下さい!私どもで、ご納得のいく提案をさせて戴きます。中古物件が必要であれば、提携している安心の不動産屋さんを紹介します。

当社では、数十年は効果が持続する人体やペットに安全な「ホウ酸系」のシロアリ駆除剤を他社に先駆け使っています。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-中古住宅リフォーム
-

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.