地盤調査~地盤改良

投稿日:2013/01/25 更新日:

直径36cmの大黒柱を備えた新築現場です。
先般、無事に地鎮祭を終えて地盤調査に入りました。

大黒柱の家-地盤調査

 
残念ながら、このままでは建てられないとの結果に。2mほど下の地盤に、安定していない地層があるとのことで。この地域は、田んぼだったところを開発をした住宅団地なので、開発のほぼ全域がこの状態です。隣の完成した現場では、地盤改良するために敷地全体を改良されたそうです。

 
敷地全体を改良されたということは、土の中にセメントを混入させて、敷地全体が、まるでコンクリート状態!?と、言うことは、建物以外の土が見える部分は、すべてがカチカチです。そんなカチカチ土には植木はもちろんお花も植えることも難しいでしょう。

 
そこで当社では、コンクリートの杭と匹敵するように、基礎下部の重要なポイントを電柱のようになる柱を数十本、穴を掘って地盤に作ります。
大黒柱の家-地盤調査
この方法を「柱状改良」と言います。こうやって、地震に強い基礎となるのです。

 
この現場では、築100年以上経過した古民家から取り出した『古材(こざい)』を使います。
この古材の大黒柱が家の中心となりますので、今回の新築を【大黒柱の家】を名付けました。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-大黒柱の家

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.