ベールに包まれていたN邸のお披露目です!

投稿日:2013/02/28 更新日:

図面どおりに作業を進めてしまうと、完成してからコンセントの位置に物が来て隠れたり、数が不足したりと問題がでてきます。そのため建築中にスイッチ位置の確認等々、各部屋ごとにチェックをする必要があります。電気関係の打合せも現場で行っています。

ユニットバスの取付けも完了!

㈱日本住宅保証検査機構JIOの厳しい躯体検査も無事合格。
躯体検査

内部では床のフロアー。外部では外壁の工事に取り掛かってます。
工程どおりに順調に進み、ベールに包まれていたN邸がお披露目!
じゃじゃーーんっ!
狭小住宅建築中
狭小住宅

ご近所様も立ち止まって、しばらく眺めておられます。
「3階建ですか?」
「イヤイヤ2階建ですよ!」
「へぇ~そうなんですか?へぇ~」
って言う会話がチョクチョクです。(笑)
現在は クロス貼中です。さぁ最終段階!

 

小林

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-狭小!4フロアの3階建て住宅

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.