「メディア掲載」 一覧

メディア掲載

2014/2/20

SOLAR・JOURNAL08で、安心できる業者として紹介して頂きました。

年間4冊発行の雑誌『SOLAR・JOURNAL(ソーラージャーナル誌)』の太陽光発電の特集号。 再生可能エネルギーの代表である、太陽光発電について「太陽光発電は、もっと伸びる」と、題したタイトルで太陽光発電システムの今を解説しています。 全国の、名だたる業者が並ぶ中、安心できる業者として当社が紹介されました。山陰地方で2社だけです。 大変有難いことですが、その分、責任が重大になりますね。期待に応えるよう、これからも頑張っていきます。

メディア掲載

2013/5/28

リフォーム産業新聞に掲載されました。

5月21日号のリフォーム産業新聞の『リフォーム経営者Club』のコーナーにて、当社代表の矢田が紹介されました。

メディア掲載

2013/3/30

ナイスリフォーム 2013年「春号」に掲載されました。

リフォーム雑誌で、超メジャーな本「ナイスリフォーム」から、記事を書いて欲しいと依頼を受けました。 ナイスリフォーム 2013年 春号 東京や大阪など、首都圏の業者様に混じって、唯一、当社を選んでいただいた理由とはなんだったのか?どんな理由にせよ、選ばれたことは、とても光栄なことです。タイトルにあるように、当社は「リフォーム会社の選び方」を担当しました。 著作権があるので、記事はぼかしています。 手に取る機会がありましたら、ぜひ、ご覧下さい。

メディア掲載

2013/1/26

2013年1月31日号の「週刊文春」に掲載して頂きました。

文藝春秋社が発行する「週刊文春」1月31日号の特集「太陽光発電は今が買い時か?」の中で、全国の優良施工店を紹介した記事に、山陰両県下では「ナイスさんいん」だけを、ご紹介頂きました。

メディア掲載

2012/10/25

電機業界さんの専門誌「技術営業」に掲載されました。

電気工事店さん家電店さんなどで読まれている「技術営業誌」10月号に、当社が掲載されました。 ↓表紙にも、代表の矢田がいます。↓ 先月、わざわざ東京から雑誌社の編集長様が取材に来られました。 当社では1年半前より、毎月東京からカリスマ講師を招いて、「再生可能エネルギー活用セミナー」を開催しています。 編集長も、そのセミナーにも参加されました。 このセミナーは、商品を買って欲しいと言った内容は、いっさいありません。 太陽光を取り付けるため、お客様が注意するポイントやメーカーの違いなど、わずか1時間のセミナーで ...

メディア掲載

2012/9/12

2012年9月11日付のリフォーム産業新聞に掲載されました。

どこで、どう調べたのか? 「活躍の記事を掲載させてもらえませんか?」とご連絡があり、取材して頂きました。 拡大しません。内容が読めなくてすみません。 毎月開催している「再生可能エネルギー活用セミナー」の写真が掲載されています。 社長ブログのことに触れられています。アクセス数も、地元リフォーム業者ではダントツだと言うのです。 お客様からリピートを頂くには、「信用・信頼」が必要です。喜んでいただける仕事が必要です。 量販店のエアコン取付のように、簡単に取り付けても動きますが、配管の中にエアーが噛んでいたら早く ...

メディア掲載

2012/7/13

琉球風水師のブログに掲載!

当社が昨年、毎月開催していた「琉球風水セミナー」の講師。 「和来 龍氏」の指導のもと、土地捜しから始まって・・・ ・土地の「氣」 ・建物の配置や間取り。 ・地鎮祭の日取り。 ・上棟式の日取り 等々。風水指導して頂いた新築物件。 去る、7月2日に無事上棟式が行われました。 あいにく、季節は梅雨真っ盛り。 前日まで降っていた雨も、ウソのように晴れ渡る。 まして、空には「昇竜」の雲まで現れたり・・・ 不思議な現象が続出?した上棟式でした。 翌日からは、梅雨空に逆戻りの雨が続きます。 不思議な「琉球風水師=和来  ...

メディア掲載

2012/4/25

マスコミなどで取り上げられた記事

日経ホームビルダー2012年2月号   米子市立福米西小学校の「総合学習」の時間、生徒に「竪穴式住居」の作り方を指導する記事。   「男女共同参画推進企業」に、県内で11番目に認定され、小規模事業所の見本となる。   日経ホームビルダー2008年6月号 親戚の水道屋さんに分離発注したらとんでもないことになった!「日経ホームビルダー」で紹介された記事です。 画像をクリックすると詳細ページです。   「男女共同参画推進事業所」としての成果が認められ、片山鳥取県知事と対談 ...

メディア掲載

2011/1/14

地元紙「日本海新聞」の記事に少しだけ紹介されました。

今年(2011年)は、昭和38年の豪雪(通称さんぱち豪雪)以来の豪雪となっています。 昭和38年の時は、1週間以上も降り続いた雪に埋もれた被害でした。 しかし今回は、大晦日の午後から本格的に降り始め元旦には1m以上もの積雪となり、国道沿いの防風林が倒れ、家庭では、カーポートがつぶれる被害となり、自動車の修理工場では、サイドミラーの破損やワイパーの破損で多くの車が修理に入り、植木屋さんでは、植木の枝が折れる被害も続出しているようです。 国道沿いの防風林雪で壊れたカーポート 2011年1月13日の「日本海新聞 ...

メディア掲載

2010/10/25

「新建ハウジング」に掲載されました。

中古住宅の基礎補強に「アラミド繊維」を使いました。 鋼材の7倍は引っ張り強度があるアラミド繊維です。 繊維メーカー、接着剤メーカーの指導を仰ぎながら、 山陰地方では初めての工事となりました。 高速道路の橋脚部耐震補強や、トンネルの落下防止などには定評のある工法です。 以下、平成22年10月20日号の記事を掲載。 布基礎補強の場合 従来は内部に打ち増しをしていましたが、リフォームの場合には工期がかかることがネックでした。 詳しくは、「アラミド繊維で基礎の補強」をご覧下さい。

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.