5月31日「古材の日」に取材を受けました。

投稿日:2009/06/03 更新日:

メディア掲載日本記念日協会が本年度より定めた「古材の日」
5・31=コザイと語呂合わせ出来ることから認定されました。

5月31日の古材の日を皮切りに、「古材」の取り扱いを開始しました。
古民家を解体されても、全て捨てられる運命にあった「古材」を、私ども『古材倉庫』が買い取らせて戴きます。
古材を取り出すにはとても神経を遣います。重機でバリバリと出されても、使うことが出来ません。
そこで、特別なスタッフで取り出し作業に入るのです。綺麗に取り出された「古材」を再び使ってもらうため磨いたりして手入れをします。

古民家を解体されるご予定があれば、真っ先にご相談下さい。
鳥取・島根県ではじめて誕生した「古材鑑定士」が鑑定して、資源循環型社会の橋渡しを行います。

 

2009年6月3日の讀賣新聞に掲載されました。
↓写真をクリックすると大きくなります。
20090603_3「古材の日」のイベントを読売新聞社より取材を受けました。
重機でミンチ解体されていく古民家から取れる「古材」は、かまどや囲炉裏が使えない現在では二度と煤けた梁などは出来ません。
ミンチ解体ではなく、私どもが手作業で使えるように解体します。
ぜひお問い合わせをお願いします。
0859-27-3599担当は矢田(やだ)です。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-メディア掲載

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.