【これでいいのか?】パネルからでている配線がむき出しの現場

投稿日:2013/03/12 更新日:

ものすごい勢いで、あちらこちらで太陽光発電の工事が進んでいますね。
しかし、『それはないでしょう!』『こんな工事でいいんですか?』と、目を疑いたくなるような工事現場を時々見受けます。

ある日も、いつものように何気なく屋根を見ていたら・・・。(職業柄です・・笑)
えぇーーー!?こんな工事でいいの?」って言いたくなる現場を見つけました。
ごくごく普通に取り付けてあるように見えますよね。

とあるお宅の太陽光発電

とあるお宅の太陽光発電

しかし、パネル左側の配線が何かおかしいです。
拡大して見てみましょう。

屋根の一部を拡大

屋根の一部を拡大

パネルから出ている配線がむき出しの状態です。そして、通風口の隙間から天井裏へと伸びています。このまま放置しておくと、紫外線などで風化して、電線が露出する危険を帯びています。赤丸部分は、線をつなぐソケットになっています。この状態では、雨水が入り、接続不良になる恐れもあります。

とあるお宅の配線状態

とあるお宅の配線状態

標準的には、掃除機のホースのようなジャバラ式の「サヤ管」に納めます。
このサヤ管は、紫外線に強い素材で出来ており、配線を保護する役目も果たしています。
このような施工をする業者は、知ってて手抜きをしているのか?知らずに安く仕上げるためにやっているのか?はわかりませんが、こうした施工業者は同業者の私たちから見ると問題です。

ましてや、太陽光パネルは、使用期間が20年とも30年とも言われますし、お客様もそれを期待して、高いお金をだして設置しています。これから太陽光発電システムを設置しようとお考えの方は、契約する業者さんの施工事例現場を、ぜひ見せてもらうようにして下さい。
賢い消費者となって、賢く太陽光発電の導入を!

※この記事は、こちらのお宅の方や施工業者を批判する目的ではありません。
あくまでも、太陽光発電で失敗しないための事例紹介です。

当社では、太陽光発電の新規設置はもちろん、太陽光発電システムに関連する様々なサービスをご用意しています。設置前の方は、「屋根診断」を!既に設置されている方は、発電効率や発電量が落ちていないか?を調べる「太陽光パネル調査」がオススメです。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-太陽光発電の裏話

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.