太陽光パネルの火災事故を起こすホットスポット

投稿日:2016/10/07 更新日:

太陽光発電を設置して10年になる現場にチェックに行ってきました。

32枚搭載の太陽光発電は、4ストリングで8枚ずつの回路でした。
20160930_1

↓の秘密兵器にて電圧を計測。
20160928_3

電圧は問題ありませんでしたが、パネルの怪しいところが気になったので(職人の勘です。^_^)、屋根に登ってパネルを目視で確認です。

写真では分かりにくいですが、矢印のラインが錆びているようにも感じました。
20160930_2

見た目では異常の見えないパネルですが、赤外線カメラで撮してみると・・・
20160930_3

右側の温度表示。上に行くほど高温になっています。青色のところは40度代ですが、右上の白色部分は70度以上になっていました。これが「ホットスポット」と言われるものです。

真夏になれば、さらに温度上昇します。この異常部分の下に、ホコリが入ったり、小動物や鳥が巣をつくったりすると、熱せられ火災が発生します。

ラインチェッカーで確認すると警報音が鳴り響きました。
20160930_4

パネルの縦と横の白い線は、ハンダ付けがしてあります。この部分のハンダが剥がれたのか?錆による電流が流れない状態?原因を調べ、対処します。

これを放置しておくと、他の部分は発電しているので、発電が出来ない部分に集中して負荷がかかり熱を発し、発電量も下がるし、火災事故が起こりやすくなります。

太陽光発電は設置して終わりではありません。設置してから数年。メンテナンスをされていない方は、ぜひご連絡下さい。他社さんで取り付けた太陽光発電もメンテナンス出来ます。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-太陽光発電の裏話

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.