「マイクロクラック」と「スネイルトレイル」

投稿日:2016/10/12 更新日:

少し前。とあるメルマガで中国製S社の太陽光パネルには「マイクロクラックが、時には半数近くあった」と書かれていました。

太陽光パネルに入るヒビのことを「クラック」と言い、目に見えない小さなヒビのことを「マイクロクラック」と呼びます。

目視では見えませんが、EL画像で撮影すると↓のようにしっかり見えます。

20161012_1

マイクロクラックがあっても、太陽光パネルは発電します。だから、この↓ようなテスターなどで電圧を測っても割れていることは分かりません。
20160928_1

このマイクロクラックが進化すると、ヘビがくねくねしているような模様が見えます。これを『スネイルトレイル』と呼びます。

20161012_2
画像は、取引先の(株)アイテスさんよりお借りしました。

このヘビ模様が「ホットスポット」になって、回路が集まっている箱の部分は600~700℃にもなり、場合によっては火災の発生が心配されます。

中国のメーカーは、「運送中だろう!」「作業時の不備だろう!」と言って、取りあってくれないそうです。こうしたことからも、当社では国産メーカーをオススメしています。

太陽光パネルは、30~40年もの長い期間使うものです。当初の費用だけで決めず、長い目で見て、製品や施工業者を選んで下さい。

PickUp!

1

近年訪問販売などで床下換気扇の販売が多いようですが、正直言って、床下換気扇に効果はありません。当社が遭遇した床下換気扇で問題が発生した事例をご紹介します。効果のない商品に高いお金を出すようなことがないように、賢い消費者になりましょう。

2

最近は、ほとんどの住宅で、床下に防湿シートを敷き、その上に防湿コンクリートを施工するのが当たり前になっています。実は、それはとても危険な行為 ...

3

太陽光パネルにはたくさんの種類があります。 どの種類のパネルを搭載するかで発電効率がずいぶん違ってきます。 パネルの種類を決めたら、次はどれ ...

4

「トイレの水が止まりません!」と緊急電話が入りました。ランチもそこそこに駆けつけます! 現場は、手洗い付きの洋式便器。手洗いのところに「置く ...

5

住宅リフォーム、太陽光発電、古民家再生を承っています

-太陽光発電の裏話

Copyright© (有)ナイスさんいん , 2002-2018 All Rights Reserved.